家にまつわる災難

憧れのマイホーム。手に入れた時はやはり気分が紅葉していくものです。そしてそれが10年、20年と続けば家の愛着はもっと増していきます。筆者の家も今年で19年目を迎えようとしています。色々不便なことが多い土地ですが、やはり家には愛着があり、引っ越しをするきは一切起きませんね。母親はもっと便利な場所の引っ越しを考えているようですが。

しかし、忘れてはいけないことがあります。それは、家だって生きているということです。たしかに家は食事もしませんし、しゃべることもしませんし、そもそも心臓がありません。しかし、家は生きているんです。生きているから老化していき、長年使っていくと昔のように頑丈な家ではなくなっていくんです。
風にさらされ、雨に打たれ続け、それでも家は家の中を守るために健気にそびえ立ちます。しかし、年月が経つと、家は老化し始め、あちこちに限界を迎えます。壁、屋根、こういったところに老化のサインが現れるんです。

一番多いのは、やはり雨漏りです。雨漏り、それは家にとってまさに重大な病気そのものです。屋根の上から雨水が滴り落ち、屋根が屋根として働けなくなるものです。雨漏りは雨漏りの修理工事によって治すことができます。そしてその修理工事は早くしなければどんどんと深刻な事態を招いてしまうんです。
修理工事、それは家にとっての手術のようなもので、雨漏りはいわばガンのようなものだと考えてください。修理工事がどれだけ急がなければいけないかわかると思います。

これは本当に重要な事であり、ここではその深刻な問題について語っていきます。

イチ押しリンク

埼玉エリアの電気工事のことなら/セイノ電設